「いいね!」ボタンをクリックすると、表示の変わるようこそページ

◼︎スタティックタブplusのアカウントとライセンス種類

スタティックタブplusを利用するにはadcode appsアカウント登録が必要です。adcode appsアカウントには次の2種類があります。

・非営利アカウント・・・・非営利目的のページや個人、趣味のページで利用できる

・ビジネスアカウント・・・・上記以外のすべての目的のページに利用できる

ライセンスは次の3つの種類があります。

・非営利  無料

・スモールビジネス  無料

・ビジネス   無料

無料である「非営利」「スモールビジネス」のライセンスでも基本機能や各種タブ追加機能を利用することができます。最大12個のアプリをインストールすることができ、インストールできるfacebookページは3つです。アプリで作ったページの管理は1人のみとなります。

→オプションで有料機能を使うことも

無料版ライセンスでも有料のアプrh村機能を利用することもできます。

→注意「アカウント登録は必ず本人が行う」

スタティックタブplusは利用登録時にadcode appsアカウントの登録が求められます。adcode appsアカウントは利用する本んインのみが炉登録可能で一人のユーザーが複数登録することはできません。

またアカウント登録時に本名や所属組織の登録が求められます。不正利用が発覚した場合は利用規約に基づき、あかんとが停止されることがありますので、十分注意して実際にfacebookページを運用するほうが登録するようにしてください。

またbジネスアカウントの登録に必要なメールアドレスには携帯のメールアドレスやフリーメールオアドレスは利用できません。

→ポイント「dropbox」

スタティックタブplusには「dropbox連携機能」があります。dropboxとは米国のdropbox社が提供するオンラインのストレージサービスでアカウントを作成すると無料で2GBのストレージ領域を利用できるようになり、ファイルデータなどをいつでもアップロードできます。スタティックタブplusではfacebookページで表示する画像ファイルや動画ファイル、Flashファイルなどをdropboxにアップロードすれば連携して表示することができるので、容量の大きなファイルをアップロードしたい場合は便利です。dropbox連携機能を使う場合はあらかじめdropboxのアカウントを作成しておいてください。

◼︎facebookページにスタティックタブplusを追加する

  1. スタティックタブplusのページにアクセスする→スタティックタブplusの利用の前に スタティックタブpluswインストールするには「いいね!」ボタンをクリックしてください。
  2. 画面をスクロールして一番下に表示されるボタンをクリックする
  3. アプリ追加の画面が表示されるので、追加するfacebookページを選ぶ
  4. 「スタティックタブplusを追加する」ボタンをクリックする
  5. facebookページが表示され、アプリメニューに「statictab」が追加される
  6. アプリメニューから「statictab」をクリックする
  7. 管理画面が表示されるので「初期設定画面」をクリックする→初期設定画面の後に表示される白い画面

初期設定画面をクリックしてからしばらく白い画面が表示される場合がありますが、そのまま待っていると、画面が表示されます。

◼︎アプリの利用認証を行う

  1. 画面が表示されるので、「アプリのご利用認証画面へ進む」をクリックする
  2. アプリの確認画面が表示されるので内容や公開範囲を確認する
  3. アプリへ移動ボタンをクリックする
  4. さらにアプリの許可画面が表示されるので、内容を確認する
  5. 問題なければ「許可する」ボタンをクリックする

◼︎adcode appsアカウントを登録する

アカウント登録画面が表示される
アカウント種別を選択して選択するボタンをクリックする→アカウント種別 

 ・adcode apps非営利アカウント NPO法人や趣味のfacebookページなど非営利目的で飲みアプリを利用する場合のアカウント。3つのfacebookページまで無料。 テスト利用を含む営利目的での利用は禁止。タブページ下段に非営利ライセンス表記あり。 

・adcode appsビジネスアカウント 広告宣伝や求人情報など、ビジネス目的でアプリを利用する場合のアカウント。以降のステップのアカウント登録時に携帯電話やフリーのメールアドレスでの登録はできない。1団体につき、3つのfacebookページまで無料。非営利、ビジネス目的の両方での利用が可能。
アカウント登録フォームが表示されるので、画面に従って項目を登録する
利用規約に同意し、登録ボタンをクリックする 

 ・facebookID     facebook個人アカウントのID。自動入力され、変更はできない。 ・所属企業、団体 ビジネスアカウントの選択時には必須項目。省略のない正式名称で入力する ・部署 所属企業、団体の部署名 ・登録者個人名 必ず実際の個人名で入力する。英語、カタカナ表記、ニックネーム等での登録は受け付けない・電話 電話番号を半角数字、ハイフン区切りで入力 ・Eメール 半角英数字で入力する。ビジネスアカウントの場合は、必ず所属企業団体のメールアドレスを登録する ・確認Eメール コピーペーストは不可 ・私は申込者本人で代理人ではありません 問題なければチェックボックスを入れる ・私はほかにadcode appsアカウントの登録はありません。 問題なければチェックボックスにチェックを入れる ・adcode apps利用規約を確認し規約に同意しました。 利用規約を確認して問題なければチェックボックスにチェックを入れる5.登録したメールアドレスに確認メールが送信されるので、メールを確認し、メールに記載されたURLをクリックして登録を完了する

→ポイント「非営利アカウントの利用目的」

非営利アカウントの場合、利用目的に制限があります。法人の場合でも事業内容のプロモーションやスタッフ募集などを掲載する予定があるときはビジネスアカウントを利用したほうが良いでしょう。ビジネスアカウントでも基本機能などは無料で利用することができます。

 ◼︎ページ利用設定をする

  1. アカウント登録の最後で「ページ利用設定へ進む」をクリックすると、「ページライセンス選択」画面が表示される
  2. ご登録状況を確認する
  3. 画面を下にスクロールして「ページライセンス種別の選択」に進む
  4. 人位のライセンスの「選択する」ボタンをクリックする

→ライセンスの違いについて

ライセンスの違いは画面の説明を確認してください。ここでは無料で利用出来るスモールビジネスライセンスを利用します。

5.有料オプションの申し込みのための「アカウント登録フォーム」が表示される

6.オプションで必要な項目にチェックを入れて支払い方法を登録する

→無料アカウントでも利用出来る有料オプション

有料オプションは無料アカウントでも追加することができます。有料タブパーツの設定mコピーライトの日報じ、アプリケションのサポート、facebookアプリ開発のサービスが受けられますので、必要に応じて選択してください。

有料オプションが不要であればここでの設定は必要ありません

7.画面をスクロールすると利用条件の確認が表示されるので、内容を確認して問題がなければチェックする

8.個のページでアプリの利用を開始ボタンをクリックする

◼︎ページを作成する

①「タブ編集画面へ進む」をクリックする

②「ページ編集」画面が表示される

③「アプリ名設定」でアプリメニューで表示する名前を入力して、更新ボタンをクリックする

→ポイント「直感的にわかる名前を」

facebookページを訪れたユーザーに分かりやすくクリックしたくなるような名前をつけましょう。facebookページの内容を紹介しているなら、ようこそ、このページについてなどがオススメです。

④公開設定を設定する

◼︎dropboxにfacebookページで利用する画像をアップロードする

  1. ファイル管理の「+」ボタンをクリックっして開く
  2. 「synced with dropbox」ボタンをクリックする
  3. dropboxのサインイン画面が表示されるので、dropboxのアカウントでサインインする→利用する場合はあらかじめdropboxの設定をする あらかじめdropboxのアカウントを作成しておいてください。dropboxは無料でアカウント登録できます。
  4. dropboxへのスタティックタブplusによる接続許可が求められるので、問題なければ許可ボタンをクリックする
  5. 再びページ編集画面が表示される
  6. ファイル管理を開き、dropboxに接続ボタンをクリックする
  7. 画面が切り替わるので、ファイルを選択ボタンをクリックしてアップロードするファイルを選択し、アップッロードボタンをクリックする→注意「選択したファイルがdropboxの公開フォルダに保存される」ページ作成用のファイルを選択してアップロードすると、そのファイルはdropboxの公開フォルダにアップロードされます。誰でも閲覧できる状態になるので、注意してください。
  8. アップロードしたファイルを選択する
  9. タグ表示ボタンをクリックする
  10. 選択したファイルを挿入するためのタグが生成される。この例では画像を表示したいので、「画像表示サンプルタグ」のタグをコピーする

◼︎HTMLに画像をアップロード先のタグを貼り付ける

  1. 画面をスクロールして「表示するHTMLの編集する」の「+」ボタンをクリックして画面を開く
  2. 「HTML直接入力」をクリックする
  3. コピーしたタグを貼り付ける
  4. 「この内容で登録する」ボタンをクリックする→ポイント「dropboxを使わない婆はブログ風HTMLエディタが便利」dropboxの画像を使わずにページを作成する場合は「ブログ風HTMLエディタ入力」を使うと便利です。「ブログ風HTMLエディタ入力」では、直感的に分かりやすいインタフェースで文字の入力や文字の装飾、レイアウトの調整やリンク、画像ファイル、動画アイルの挿入ができます。なおファイルをアップロードする場合、そのファイルを外部に公開されているSSL通有心が可能なwebサーバーが用意できない場合は、ファイルをfacebookページにアップロードしておいて、そのファイルのURLを指定すれば表示させることができます。
  5. ファン限定表示ありをクリックする
  6. いいね!をクリックしたユーザーだけに表示するコンテンツを登録するエディタが表示される
  7. 再びファイル管理を開き、「いいね!」をクリックした後の表示する画像を選択して、タグ表示ボタンをクリックする
  8. 「画像サンプルタグ」をコピーする
  9. 「ファン限定表示あり」のエディタにタグをペーストする
  10. 「この内容で登録する」ボタンをクリックする
  1. →ポイント「タブパーツを付けてみよう」

スタティックタブplusには作成したページに簡単に「いいね!」ボタンや友達への紹介ボタン、コメントプラグインなどfacebookらしい機能を簡単に追加する機能gあ用意されています。タブパーツを使ってさらに広まりやすいfacebookページを用意してみましょう。この例では「いいね!」ボタンを追加します。また、いいねボタンをクリックした後に表示される画面には「ウォール投稿」と「友達招待」の2つのタブパーーツを追加します。

 ◼︎タブパーツを追加する

  1. 画面を上にスクロールして、「タブパーツ」を表示して「+」ボタンをクリックして開く
  2. メニューから追加するタブパーツを選択する
  3. 「表示」ボタンをクリックする→タブの種類 ・いいね!ボタン 「いいね!」ボタンを追加できる・コメントボタン コメントプラグインを設置できる・RSS タブページ内にRSSフィードを公開できる ・お問い合わせフォーム タブページ内にお問い合わせフォームを設置できる・ログイン認証 タブページ内にパスワード認証機能を追加できる ・グループ限定公開 指定facebookグループメンバーだけに情報公開ができる ・ウォール投稿 シェアするダイアログの呼び出しボタンを表示する ・友人招待 友達紹介ダイアログの呼び出しボタンを表示する ・2ヶ国語 訪問者の言語設定によりタブページの表示内容を自動切り替えできる。訪問者の属性に応じて日本語と英語などの表示を一つのタブ内で切り替えられる ・フレンドゲート 対象facebookページに「いいね!」をしている友達の数が一定以上いる訪問者にのみ指定したコンテンツを自動表示できる ・よくある質問 よくある質問と回答を表示できる ・期間限定公開 指定した期間内の訪問と期間外の訪問で表示する内容を自動で切り替えられる ・チェックイン 指定したスポットへのチェックイン有無で表示内容を切り替えられる
  4. 選択したタブの説明と設定画面が表示される
  5. 任意で変更する
  6. 「添付タグを生成」ボタンをクリックする
  7. エディタ画面にタグをペースとする
  8. この内容で登録するボタンをクリックして変更を保存する
  9. 全ての登録が完了したらfacebookページを確認する →ポイント「表示内容やタグの動作を確認」

実際に表示してみて画像やリンクが正しく表示されているか確認しましょう。

また、追加したタグが正しく動作するかも確認しておきましょう。動作に問題がなければ管理画面に戻り公開設定を変更して全てのユーザーが閲覧できるように変更しましょう。

→管理画面へのリンク

管理人アカウントでアクセスしている場合、一番上に管理画面へのリンクが表示されます。これはfacebookページの管理人ユーザー飲み表示されます。複数管理人がいる場合、全ての管理人ユーザーに表示されますが、実際に管理画面にへ行って操作できるのはアカウント登録をしたユーザーのみです。

 PICK UP:ご相談はこちら/東京のホームページ作成会社、アドマノ株式会社